東南アジアにおける新型コロナウイルス感染症の再拡大に伴うロックダウン等により、
当該地域にサプライヤーを持つ住宅設備メーカーにおいて、
製品の納期が遅れる状況が生じており、事業者様と建築主様の間で混乱を避ける観点と、
資金繰りに不安を抱える事業者様に相談先をご案内する観点から、
国土交通省から下記のとおり連絡がありましたので、ご案内いたします。
1.建築主様への情報提供について
住宅設備の供給遅延等により、既に着工している物件で工期に影響が生じる可能性がある場合などは、
事業者様と建築主様で混乱を来さないよう、できるだけ早めに建築主に状況を説明することが重要です。
2.事業者様の資金繰りに対する支援制度について
工務店様で資金繰りにお困りの方は、日本政策金融公庫にご相談ください。
ご相談を検討される場合は、まずは、
・日本政策金融公庫 事業資金相談ダイヤル:0120-154-505(全国共通。平日のみ)
または
・工務店様の所在する地域の日本政策金融公庫等の支店窓口
(支店ごと・窓口ごとの電話番号等は下記ホームページ参照。平日のみ)
が相談窓口となります。
これまで日本政策金融公庫等や市中銀行等から借入れをしたことのない工務店様や建設業許可を要しない事業規模の工務店様もご相談いただけます。
なお、工務店様が借入申込書等を作成して日本政策金融公庫等の支店に提出した後、審査を経て融資が実行工務店様に貸付金額が振り込みされるまでには、
一定の日数を要しますので、借入申込書等の作成の仕方も含め、早めのご相談が必要です。
また、審査の結果、ご希望に沿えない場合があることにご留意ください。